キャットフードの構成成分
新鮮魚ミンチ

キャットフードの構成成分

猫に必要なアミノ酸とは、簡潔にいうと一番必要な栄養素としてはアルギニンとタウリンになります。
タウリンは栄養成分としても聞いたことがあると思いますが、猫の目の健康を守るためには重要な栄養素です。
またキャットフードの袋に表示されているミネラル類はカルシウムやリンをはじめとするものが多いですね。

そして同じように猫の健康を考えたカリウム・ナトリウム・マグネシウム・鉄・亜鉛などが配合されています。
猫の健康を考えればマグネシウムの摂りすぎは良くないので比較的マグネシウムの含有量が低いものを選びましょう。
また猫が体内で作れるのは、ビタミンKとビタミンCだけですからあとは飼い主からもらう餌で取るようなスタイルになります。

それからミネラルの摂り過ぎは尿道結石の原因に繋がりますのでキャットフードの表示のマグネシウム含有量は、気をつけてあげてください。
猫というものはビタミンA、B1、B2などのビタミン類は自分の体内で作れないので食事から取ります。
それからビタミンEは猫の健康を保つために欠かせない要素ですからヨード卵光が配合されているものなどは良いキャットフードですね。
このように体内で作れない栄養素が多いので、食べ物から摂るので主にキャットフードに入っている成分で体調を整えるのです。
基本的には市販のキャットフードを与えれば良いのですが、市販の商品の中には粗悪品もあります。
詳しくはhttp://www.a1tutor.com/kikennnamono.htmlに書いてあるのですが、人間の食事では食べてはいけない危険な成分が含まれていることもあるようです。
なので、しっかりと飼い主であるあなたが配合されている成分などを調べてから、納得できるキャットフードhttp://www.c-market.jp/kainusi.htmlを選んであげましょう。

このページの先頭へ