体重を考えてキャットフードを選ぶ
新鮮魚ミンチ

体重を考えてキャットフードを選ぶ

猫の大きさや体重によるものなのですが、そのパッと見の体型だけで袋のパッケージだけで表示をよく見ないで与える人もいます。
どの猫用のキャットフードでも良い理由ではありませんので自分の飼い猫にあったものをあげましょう。

ですからきちんと猫の体重別に合わせたものを食べさせてあげるようにしてあげましょう。
また人間だけでなく猫も健康志向なところがありますから飼い主が気をつけて、体重別に合わせたキャットフードを与える方も多いようですね。
自分の愛猫の健康を考えれば当然の事なのですが合わないキャットフードを食べさせるのはやはり猫のためにも良くないようですね。

ですからキャットフードを選ぶときは猫の体重や年齢に合わせたものを選んだ方が猫が健康で長生きするのにとても役に立つようです。
同じキャットフードでもドライタイプとウェットタイプがあります。
これらの違いについても知っておきましょう。
ドライタイプについてhttp://www.omnicomassociates.com/kenko.html
ウェットタイプについてhttp://www.invitrovisual.com/uextuto.html

キャットフードといっても毎年猫が食べるご飯ですからこういったところも気にかけてあげると良いですね。
ドラッグストアやペットショップにもフードコーナーに飼い猫用に体重別や年齢別のキャットフードやおやつhttp://www.jaxsurfcam.com/sasamiretoruto.htmlもあります。

ですからそういったショップなどでよく見てから購入して自分の愛猫に合わせたものを食べさせてあげるようにしましょう。

☆幼児期・成人・高齢の年齢別のキャットフードの特徴を紹介します。
・子猫用についてhttp://www.amppr.org/
・成猫用についてhttp://www.topsailhumanesociety.org/hills.html
・中高年の猫用についてhttp://www.papermilltheatre.org/7age.html
こうして普段から飼い主さんが健康管理に気を使ってあげることで猫も長生きができるのではないでしょうか?

このページの先頭へ